NZらしさ求めトレッキング!南半球のアルプス目指して

ホワイトホース駐車場

ニュージーランド旅、1つ目の目的がクライストチャーチ地震を巡る事。

 

そして2つ目の目的。

 

それがトレッキング!

 

私が登山を始めたきっかけが、このニュージーランドでのトレッキング経験なんです。

 

つまり今の趣味の原点に戻る事。 



南半球のアルプスへ!アオラキ・マウントクックビレッジ

トレッキング、と日本で考えれば「山頂」を目指す登山と結びつくことが多いですね。

 

ニュージーランドでは、トレッキングというと「山頂」へ向かうよりも自然の中を歩き、景観を求めることが一般的な理解です。

 

なので、日本よりもレジャーなイメージで、構えずに気軽に楽しむ事ができます。

 

実際に、老若男女問わず、家族でもカップルでも一人でも、非常に多くの層の方々が歩いていました。

 

特にニュージーランドの山々は世界でも類を見ないほど美しいと評判で、併せて植物や動物など、ニュージーランドならではの進化を遂げた生き物が根付いています。

 

そんな中を自分の足で歩くというのは、NZらしさを求める上では外せません!

 

そのためかトレッキングよりも「てくてく歩く」トランピング"tramping"という言い回しがあります。

 

と、言っても、自然の中を3~4時間歩くわけですから、準備無しで挑むのはお勧めできません。

 

ほとんどのトランピングコースは「Department of Conservation (DOC)」=自然保護省によって管理されています。

 

標識はもちろん、山小屋や木道などの整備がなされています。

 

また、人間に害を及ぼすような大型の猛獣や毒蛇、毒虫が存在しません。

 

途中の草むらでガサガサ音がしても、それは鳥や昆虫類です。

 

飛べない鳥の宝庫でもあるニュージーランドで、この様な鳥に出会うことは素晴らしい事。

 

警戒ではなく、むしろカメラを構えて探ってみると、いい出会いになるかもしれません。 

そんなトランピングが盛んな地域の一つが、ニュージーランドで一番高い山マウント・クックがそびえたつアオラキ・マウントクック国立公園です。

 

標高3724mのマウントクックと、19の3000mを超えるピークの山々によって形成される氷河を楽しむのが醍醐味。

 

700平方キロメートルを超える面積の国立公園で、ユネスコの世界遺産に登録されています。

 

「南半球のアルプス」の名にふさわしい山岳地帯です。

アオラキ・マウントクックビレッジ

年間平均降水量が4000mm、降水日数は149日と、非常に不安定な気象の為山々の勇姿を山頂まで見られるのは運次第です。

 

「この時期なら!」というのもないですし、山の天気でもあるので、朝晴れていてもいつの間にかに大豪雨なんてこともあるので、情報収集はバッチリとしていくことをお勧めします。

 

 

国立公園の拠点となるのは「アオラキ・マウントクック・ビレッジ」。

 

クライストチャーチからだとバスで4~5時間ほど。

 

私は今回レイク・テカポを拠点としていたので、車で1時間でした。

 

ビレッジ内にもいくつか宿泊施設があるのですが、世界中から人が集まるわけですから、季節によっては予約も大変です。

 

私みたいに近くの町に拠点を置くのも一つの手ですね。

 

また、山好きならぜひ訪れておきたい、あのエベレストに初登頂したエドモンド・ヒラリーの博物館はここにあります。

 

ヒラリーの愛用品や雪上車などが展示されていて、マウントクックの歴史と共に学ぶこともできます。

 

私は今回、このアオラキ・マウントクックでは2つのコースを歩いてきました。 

ニュージーランドでの行動食

整備された道とは言え、装備は日本の登山と同じです。

 

雨具や食料、飲み物はもちろん、可能であれば登山靴の用意があるといいですね。

 

そういう意味では、行動食などは種類もあってニュージーランドでも揃えやすいです。

 

トランピング環境が整っているからこそ、必要なものも比較的手に入りやすいのはお国柄。

 

天候にも恵まれたトランピングは・・・次回。



全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。