星空遺産の地で星空を眺める場所は、大自然を眺める場所にも

マウントジョンユニバーシティーオブザベトリー

留学生として、学生時代を過ごしたニュージーランドですが、観光コンサルタントとしてニュージーランドを訪れるのは初めて。

 

故郷帰りとは言ったものの、新しい発見や体験はあるものです。

 

その一つが、今回の旅で滞在先にも選んだ、Lake Tekapo レイクテカポです。

 

先日にも紹介した様に、「世界星空遺産」の地を訪れるのは事に目的があったのですが、これだけ星空を眺めるのに適した場所です。

 

昼間の展望が良くないわけがありません。

 



Mount John University Observatory

Mt.John University Observatory

日本の旅行ガイドブックにも、lonely planetにも掲載されている「マウントジョン天文台 (Mount John University Observatory)」です。

 

ニュージーランドのカンタベリー大学、そして日本の名古屋大学が主な研究機関となって、南半球の天体観測をする天文台が5台設置してあります。

 

その中には、ニュージーランド最大の口径1.8mの天体望遠鏡MOAがあります。

 

標高1031mの地へは、昼間は自家用車で登る事ができ、他にもハイキングコースを歩いていくこともできます。

 

夜間は天体観測を行なっているので、一般的には行く事ができません。

 

ハイキングコースを歩くか、町を出発する星空観測ツアーに参加する事で夜も訪れる事ができます。

 

日本からの旅行者であれば、EARTH&SKY、 小澤英之という日本人の方が運営されているツアーがあるので、英語に不安があっても問題ありません。

 

 

丁度この日は、レイクテカポの町が濃い霧に飲まれていたので、これを機会に、今回は夜の星空観測よりも、昼間に行くマウントジョンを楽しんできました。    

 

「きっと世界で最も素晴らしい場所にあるカフェだろう」

 

と、lonely planetで紹介されている「アストロカフェ」です。

 

天体観測がされている場所にあるカフェでゆっくり、なんて優雅な事なんだろう。

 

霧の中のレイクテカポ

これまで、そしてこれからの旅へ向けてゆっくりした時間を過ごしたい

 

・・・と、思ったのですが、今回は残念でした。。。

 

なんとメンテナンス期間で工事という事で、アストロカフェはやっていなかったのです。

 

そーですよね、メンテナンスはいつか必ずやらなくてはいけない事。

 

それがたまたま、今回に重なっただけ・・・

 

 

と、残念ではあったのですが、もちろん景色は見放題です。

 

町では朝から天気が良くなかったので、山の上からでは?と若干のギャンブルではあったのですが、こちらは大当たり!

 

雲の上に出る事ができ、山の反対側は最高の天気だったのです。

霧の中のレイクテカポ
Mt.Johnからみる景色

雲海

 

ニュージーランドで出会えるとは思っていませんでした。

 

そして周りが低いこともあって、遠くまで見通す事ができますね。

 

ガイドブックでは定番の場所ですが、「霧の日に行ってみると意外な景色が!」が楽しめるマウントジョンでした。

 

もう少し時間があれば、ハイキングルートを歩いてみても良かったのですが。



全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。