大化け町のワナカ。滞在はキャラバンパークのキャビン

ワナカ

15年という時間は、町を変えるのには十分な時間でした。

ニュージーランド留学時代、旅行として初めて訪れたのがこのワナカでした。

そういう意味で思い出深い町。

今回の旅行のプランとして組み込んだのは、15年という時間の経過を見てみたい気持ちがあったから。

当時は一本の道から数本の道が出ていて、スーパーとガソリンスタンド、数件のバックパッカーがある、それが町の全貌でした。

ワナカ湖に向かって釣り竿を投げていたのが、今でも思い浮かびます。


アクティビティ天国。

今でこそ、世界各地で楽しむ事ができるジェットボート。

これも当時はこのワナカ周辺でのみのアクティビティでした。


当然と言えば当然ですが、15年もあればその様子はガラリと変わるものです。

道もきれいになり、車の数も増え、何よりも人が多い!!

ゆっくり釣りでも・・・というわけにはもういきませんね。

ただやはり町の根本は記憶にある通りで、だいたいの事はメインの通りで済んでしまいます。

ワナカメインST

今回の宿泊に選んだのは、キャビン。
Wanaka Kiwi holiday park & Motel

キャンプエリア、キャンピングカースポット、キャビン、モーテル。

ワナカの町から車で3分ほど走った、静かなエリアに眺めのいい敷地が広がっていました。

キッチンとソファが完備されている建物。
トイレやシャワー、サウナのある建物。
洗濯と乾燥室のある施設。


ワナカキャビン

それぞれの設備がそれぞれの建物に分かれている、私的にはラグビーの合宿で使ったような感じでした。

その中で、ダブルのベットと冷蔵庫のあるキャビン部屋に宿泊してみました。

まぁいわゆるハリボテで、朝夕はなかなかの寒さ。

オイルヒーターが付いていたので、凍えるようなことはありませんでしたが、テント泊の豪華版、トランピング未満と言ったところでしょうか。

ワナカメインST

値段も安かったので、贅沢は言えませんが。

食事はキッチンが使えるので自炊も可能ですし、町まで出ればレストランは充実。

ゆっくりもできるし、でも基本は寝るだけだし。

バックパッカーでの交流も楽しいですが、疲れが出始める頃の拠点としては、最適でした。

ワナカでは、山、山、岩ですので!!


全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。