歴史ある高岡と日本のベニスに富山グルメ!

高岡とドラえもん

北陸新幹線が停車する新高岡と高岡駅周辺を巡ります。

富山の名所に行こうとすると、実は高岡を拠点にすると足を延ばしやすくなります。

バス一本で世界遺産の五箇山や白川郷、寒ブリやうどんで有名な氷見。

彫刻で全国的にも知られている井波に、私が目的としていた新湊へと、高岡拠点は本当に便利です。

とはいっても、富山駅から地方鉄道で20分ほどなので、大したことはないのですが。

 

今回の旅で私の目的の一つとしていたのが、先ほども書きました通り、新湊に行くことでした。


昔から「日本のベニス」と言われていた光景に、どこか憧れていたこともありまして、富山に行った際には「ぜひ!!」と思っていました。

もう何がキッカケだったかも、忘れてしまいましたが・・・

そして願望に拍車がかかったのが、アニメ「君の肝臓をたべたい」。

ほんの一部ですが、作中に描かれています。

観光を提供する側となると、この手の旅行者は期待値が上がり切っているので、実は難しい客層です。

そう、私自身が、期待値振り切った曲者になっていたわけです!!(笑)

なにはともあれ、まずは高岡駅周辺を巡ります。

改札を出てすぐに、情報が集まり観光センターがあります。

高岡から始まる旅行の情報は、ここに集まっていますからね。

また、高岡と言えば、藤子・F・不二雄の出身地。

駅前で、早速ドラえもんたちがお出迎えしてくれます。

ギャラリーなどもあるのですが、今回は目的地が先にあるので、おしいですがパスしてしまいました。

高岡大仏と高岡城跡公園

高岡駅から徒歩10分。

奈良と鎌倉の大仏に並ぶ、日本三大仏である「高岡大仏」にご挨拶を。

高岡銅器の職人さん達が造営し、日本一美男な大仏様と言われています。

時間的にも逆光となってしまい、どうですか??

イケメンな大仏さまでしょうか?

前田利長が築いた高岡城の跡に広がる公園、高岡城跡公園に立ち寄り、最寄の電停から路面電車で新湊に向かいます。

 

路面電車の万葉線で40分くらいでしょうか。


運河としてかつては多くの船が行き交っていた内川と、今でも漁船が並ぶ水辺、ユニークな橋が並び、水の都ヴェネツィアの英語名を使い「日本のベニス」と呼ばれています。

お天気にも恵まれ、水辺をユックリお散歩するには気持ちのいい日となりました。

私の場合はユックリ歩いて見るのが主義でもあるので、万葉線の新町口で下車。

川沿いを歩いて新湊大橋が見える海王丸パークまで行くこととしました。

まずは情報収集と、アニメで描かれている一か所目でもある「川の駅新湊」へ。

射水市の特産品やカフェもある川の駅は、散歩のいい拠点です。

ただ、少々残念だったのは、あちこちに古さや汚さが目立ち、レンタサイクルの自転車のサドルにはホコリが。

観光案内のおじさんは、私を完全に無視でしたし、何よりもアニメで描かれている川の駅の裏手は、面影なし。

もう少し手入れをしてくれて、地域としての愛着があってもいいのかなと思いました。

ただ私自身の期待値が高いのもあるので、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんが。

配布しているパンフレットにも「日本のベニス」と強調してありますし、ユニークな橋を見所にしているのは間違いないのですが、あまり地域の方はお気に召していないのでしょうか?

内川日本のベニスでトンビとカラスが喧嘩

電信柱では、トンビとカラスが餌の取り合いで喧嘩中。

トンビってデカいので、やっぱ怖いですよ。

地域としては面白いので、橋やお寺に寄りながら、富山新港エリアへ。

ちょっと遅いお昼ご飯に、「新湊きっときと市場」へ。

急に広い駐車場を埋め尽くす大型バスと乗用車で、大勢の人で盛り上がっていました。

新湊きっときと市場と海王丸

観光コンサルタント目線に急に移行し、「この人たちは内川エリアには興味がないのか?無いなら、そもそも知っているのか、知らないのか?」と思考モードに。

港らしいお刺身と天ぷらの定食を食べながら、周りの人の話に耳を傾けていました。

残念ながら急速に天気が悪化。

写真からでも伝わりますでしょうか?どんどん暗くなるんです。

雷もすぐそこで聞こえているし、見るからに大雨が降りそう。

もっとゆっくりと見て周りたかったのですが、さすがに大雨になられると困ってしまうので、万葉線の海王丸駅から高岡へ帰る事にしました。

その後、案の定とてつもない雨に降られ、おそらく折りたたみの傘では太刀打ちができなかったでしょう。

結果だけを見れば、あのタイミングで帰路について正解でした・・・

その後もしぶとく雨は降り続け、富山へと戻るのでした。


全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。