いろはすも、名水の里黒部に立ち寄って北陸旅はくたかに乗ってラスト!

新黒部駅名水の里黒部にトロッコ

金沢、富山と巡った北陸旅はいよいよラスト。

魚津から富山駅に戻っても良かったのですが、焦って帰る必要もなしに、かがやきに乗って一気に帰るのではなく、黒部宇奈月温泉駅からはくたかでゆっくり東京へ帰る事に。

旅というのは、「戻る」はしたくないものですし。

富山地方鉄道に乗って、黒部宇奈月温泉駅へ。

前日宇奈月に向かう際に通りかかっているので、時間感覚はありました。

 

北陸新幹線開通に合わせて、地方鉄道の新黒部駅も新しくしたのでしょう。


綺麗な駅舎が。

駅前には前日に見たトロッコが。

奥には「名水の里」の文字。

そうなんですよね、最後の最後に出会ったのが、黒部の水です。

私は飲まないのですが、富山にはおいしいお酒がたくさんあります。

それはこのお水のおかげ。

コカ・コーラから発売されているミネラルウォーター「いろはす」の、水源の一つとなっているのがこの富山県です。

(水源は黒部市ではなく、砺波市のお水です)

この北陸旅中に購入したいろはすは、富山のお水でした。

初冠雪のニュースがあった日、遠くの山に雪を確認できました。

そして名水の里ということもあって、黒部の水が垂れ流し状態!!

・・・・と、お昼ごろには到着したのですが、まだまだここは何もありません。

北陸新幹線の為の駅なのでしょう。

何か立ち寄れる場所でもあるといいのですが、見事に立ち寄り場所はありません。

もちろん東京に帰るのが目的ですので、時間をかけてどこかへ行くわけにはいきませんし。

黒部宇奈月温泉駅黒部の名水と初冠雪

実は予定の段階で、前日に宇奈月に行き、黒部宇奈月温泉駅周辺で最終日一泊?というプランも考えたのですが、ホテルもまともに無いんです。

日本にはたまにある、「駅の為の駅」というやつです。

これから拠点となれるべくの街づくりがされていくのでしょうか?

時間があるので、何をして時間をつぶそうかとグルグルしていると、フィールドミュージアムを発見。

富山県の魅力を、新幹線に乗る前に再確認できる、最後に立ち寄るにはいい施設でした。

場所柄、黒部をテーマにした展示もあり、次は山目的で来るための情報収集を。

黒部宇奈月温泉駅フィールドミュージアム

今回は夏とも秋とも言えない、時期としては中途半端な時の旅。

ちょっと観光コンサルタント的な事を行ってしまうと、観光地の底力が見える時期です。

自然が多く、自然の資源が季節の変化を見せるときは、観光客がいて当たり前です。

それ以外の時はどうなっているのか?を見るのが、私にとってはいい勉強になります。

もちろん今回は粗探しをするわけではない、一旅行者としての旅でしたので、たくさんの方と話をして、ど定番の観光スポットに寄って。

時々マイナーなところに行き、事をして。

最後の食事は、源さんの牛すき焼き弁当を新幹線の中でいただき、北陸旅を締めるのでした。

源の旅めし牛すき焼き弁当

全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。