一生に一度を体験、オールブラックスとナミビアの好試合

飛田給ラグビーワールドカップ

 

日本の熱戦に、予想をはるかに超えるラグビー熱を帯びてきているラグビーワールドカップ2019。

オリンピックなんかよりも遥かに市場が大きいとはいえ、日本での開催ともなると若干の心配が・・・との声もありましたが、全く問題ありませんね!!

私がニュージーランドで感じたワールドカップ熱そのものを、日本でも同じ様に体感しています。

そして、先日いよいよ私もスタジアムに足を運び、一生に一度のスローガンの通り、日本でのラグビーワールドカップを体験してきました。

 

 


ラグビーw杯2019 - Spherical Image - RICOH THETA

ニュージーランド v ナミビア

前から9列目で、おそらくこれまでしてきたスポーツ観戦の中でも、一番グラウンドに近いところでの観戦になったと思います。

以前にもオールブラックス戦を見たことがあるのですが、その会場のどよめきといい雰囲気は特別なものがあります。

ハカの際には、試合前にも関わらず盛り上がりは最高潮!

オールブラックスvナミビア ラグビーワールドカップ

選手たちを奮い立たせるといいますが、観戦している私たちも鳥肌もの。

試合は前半、オールブラックスのミスも多く競った展開に。

会場中が「ナミビア、今日は違うな、やるな!!」という空気に。

ただそこはオールブラックス。

後半はちゃんと修正して、強い強い。

それでも一瞬の隙を見逃さないナミビアの攻撃の際には、ナミビアコールと大声援で後押し。

全体的に黒で染まっていた観客席でも、応援にどちらも関係ないのがラグビーですね。

東京スタジアムでのラグビーワールドカップ2019

選手たちもお互いをリスペクトし、ナミビアは最後まで諦めることなく向かい、オールブラックスは全力でそれを迎い受ける。

日本でも昔から「紳士のスポーツ」といわれている通り、その真髄をとことん見せつけられた、そんな試合だったのではないでしょうか。

試合終了後には、両チームが混じってのおじぎ。

試合としては結果的にはオールブラックスの圧勝となりましたが、ラグビーの素晴らしい部分、まだまだ日本も見習わなければいけない部分と、大変貴重な試合を観戦することができました。

何を隠そう、私も元ラガーマン。

ニュージーランドとオーストラリアでのプレー経験があり、ラグビーで育てていただきました。

本当にいいスポーツを選び、今でも好きです。


全国各地から観魅処の講座が選ばれるのか?

観魅指南塾の講座はこちら
観光の魅力を最大限に引き出す指南塾観魅指南塾
観光の魅力を楽しむ旅の指南塾観魅旅指南塾

旅の仕方、観光コンサルタントが教えます。